学術大会

【第19回新プラトン主義協会大会(台風延期分)】

PDF版はこちら

2012年11月25日(日) 於 南山大学(名古屋キャンパス)

理事会・編集委員会(11:00~12:50)

開会・会長挨拶(12:55~13:00)  会長 今 義博

研究発表(13:00~13:45)司会:大森正樹(南山大学)
 山崎達也(創価大学)「エックハルトにおける神名の問題」

プロティノス・コロキウム(13:45~14:40)  司会:奥田和夫(法政大学)
 伊藤春美(大阪府立大学)「プロティノスにおける幸福と時間――『エネアデス』Ⅰ5[36]を中心に――」

シンポジウム「新プラトン主義と近現代の哲学――永遠と時間をめぐって――」(14:50~17:10)  司会:伊藤博明(埼玉大学)
 提題  岡本源太(岡山大学)「ジョルダーノ・ブルーノにおける永遠と時間」
※提題  板橋勇仁(立正大学)「根拠を欠いた意志――ショーペンハウアーの「一者」――」
 提題  瀧 一郎(大阪教育大学)「ベルクソンによるプロティノスの受容」

閉会・会長挨拶  会長 今 義博

※提題者の板橋勇仁氏は当日ご欠席のため、他の提題者との質疑応答の内容を司会者が紹介する予定です。また、フロアから板橋氏への質問は司会者がとりまとめて板橋氏にお伝えし、それに対する応答を会誌に掲載される論文に反映していただく予定です。

 

【第19回新プラトン主義協会大会】

PDF版はこちら

2012 年9 月29 日(土)・30 日(日)

於:大阪教育大学 柏原キャンパス

<第一日目>

理事会・編集委員会(11:30~12:45)

開会・会長挨拶(12:50~13:00)  会長 今 義博

研究発表①(13:00~13:45)  司会:岡本源太(関西大学)
 金子真一(文星芸術大学付属高等学校)「フィチーノにおける魔術の再定義」

研究発表②(13:45~14:30)  司会:今 義博(山梨大学)
 袴田 渉(東京大学)「擬ディオニュシオス・アレオパギテースとプロクロスにおける「神化(ἐκθέωσις)」」

研究発表③(14:35~15:20)  司会:樋笠勝士(上智大学)
 横道仁志(大阪大学)「ボナヴェントゥラ『神の御許への精神の道程』における三位一体論の展開」

総会(15:30~16:25)

キュクロスの報告(16:25~17:10)

研究発表④(17:20~18:05)  司会:藤本 温(名古屋工業大学)
 芝元航平(上智大学)「トマス・アクィナスにおける「存在全体の流出」としての無からの創造」

懇親会(18:30~)

<第二日目>

研究発表⑤(10:00~10:45)  司会:鶴岡賀雄(東京大学)
 持地秀紀(上智大学)「ベルクソンにおけるプロティノス像――『道徳と宗教の二源泉』における神秘家の概念を手掛かりに――」

研究発表⑥(10:45~11:30)  司会:土橋茂樹(中央大学)
 袴田 玲(東京大学)「ビザンツ帝国下のキリスト教修道思想における知性(ヌース)概念の展開」

研究発表⑦(11:40~12:25)  司会:大森正樹(南山大学)
 山崎達也(創価大学)「エックハルトにおける神名の問題」

プロティノス・コロキウム(13:30~14:20)  司会:奥田和夫(法政大学)
 伊藤春美(大阪府立大学)「プロティノスにおける幸福と時間――『エネアデス』Ⅰ5[36]を中心に――」

シンポジウム「新プラトン主義と近現代の哲学--永遠と時間をめぐって--」(14:30~17:10)  司会:伊藤博明(埼玉大学)
 提題  岡本源太(岡山大学)「ジョルダーノ・ブルーノにおける永遠と時間」
 提題  板橋勇仁(立正大学)「根拠を欠いた意志――ショーペンハウアーの「一者」――」
 提題  瀧 一郎(大阪教育大学)「ベルクソンによるプロティノスの受容」

閉会・会長挨拶  会長 今 義博