‘学術大会’ カテゴリーのアーカイブ

*次回大会のお知らせ

2019/02/04

【第26回 新プラトン主義協会大会】

日時:2019年9月21日(土)13:00〜18:00

   9月22日(日)11:00〜17:00

場所:

東北大学川内 (川内南) キャンパス

大会開催地:〒980-8576 仙台市青葉区川内27-1

文科系総合講義棟 法学部 第2講義室

 


プ ロ グ ラ ム

 第一日目 9月21日(土)

 

理事会・編集委員会(12:00~12:50) 

 

開会・会長挨拶(13:00~)

研究発表 ①(13:10~13:55)

フライベルクのディートリヒにおける新プラトン主義的知性論と人間観

 若松 功一郎(早稲田大学)

                    司会 山崎 達也(創価大学)

研究発表 ②(14:00~14:45)

スフラワルディー哲学における新プラトン主義摂取の痕跡 

 宮島 舜(東京大学)

                    司会 野元 晋(慶應義塾大学)

総会(14:50~15:20)

シンポジウム

「神、存在、創造をめぐって 古代末期からイスラーム中世へ―」(15:30~17:50)

                    司会 野元 晋(慶應義塾大学)

提題 神は存在もしなければ創造もしない ―新プラトン主義の発出の論理―

 西村 洋平(兵庫県立大学)

提題 古典期アラビア哲学における創造と流出   

 小村 優太(早稲田大学)

提題  ナシールッディーン・トゥースィー(1201−74)の流出論 

 竹下 政孝(東京大学名誉教授)

 懇親会(18:00~ )

 

第二日目 9月22日(日)

 

研究発表 ③(11:00~11:45)

新プラトン主義の研究における視覚化と可触化の活用 

 土井 裕人(筑波大学)

                    司会 鶴岡 賀雄(南山大学)

研究発表 ④(11:50~12:35)

万物を測ることは自己認識することである ―クザーヌスにおける人間的精神について―

 嶺岸 佑亮(東北大学)

                    司会 佐藤 直子(上智大学)

(昼食休憩12:35~13:35)

研究発表 ⑤(13:35~14:20)

18世紀イギリスにおけるプラトン主義の一側面 ―『サイリス』を手掛かりにして―

 竹中 真也(中央大学)

                    司会 小林 剛(中央大学)

研究発表 ⑥(14:25~15:10)

プラトンとマキァヴェッリ

 鹿子生 浩輝(東北大学)

                    司会 根占 献一(学習院女子大学)

プロティノス・コロキウム(15:15~16:15)

プロティノスにおけるフェイディアス・トポス「叡智的な美について(V8)」を中心に(仮題) 

 樋笠 勝士(岡山県立大学)

                    司会 山口 義久(大阪府立大学名誉教授)

閉会・会長挨拶(16:20)