第12号


『新プラトン主義研究』第12号

シンポジウム 「プラトンから新プラトン主義へ−–永遠と時間をめぐって−–」
小浜 善信(司会)  「永遠と時間」
納富 信留 「プラトンにおける時間と永遠––『ティマイオス』37–38C––
金澤 修

「中期プラトン主義者の時間論
––アッティコスにおけるプラトン解釈の構造 ––」

岡野利律子 「プロティノスにおける永遠と時間」
   
論文
田中 佳佑 「フィチーノ『大ヒッピアース摘要』にみる優美の存在論」
中西 恭子 「ユリアヌス「神官宛書簡断片」にみる聖域と神像の意義
北川 恵

「魂の帰還における理性の働き––初期アウグスティヌスの学問論と
 新プラトン主義思想との比較において––

高木 駿

「シェリング『自我について』における新プラトン主義的思想との再検討へ––最初期のシェリングの「上昇」概念を契機として––」

石井砂母亜

「『無の自覚的限定』における時間論とプロティノス
––田辺の西田批判とその応答を手がかりに––」

   
翻訳
新プラトン主義文献翻訳研究会関西部会 「プロクロス『摂理をめぐる十のアボリアについて』訳注(I)」

 

コメントは受け付けていません。